マイナチュレは男性がいきなり手を出さないほうがよいです。

頭皮が気になる

こんにちは、norikoです。

 

 

私のこのホームページに「マイナチュレ 男」「マイナチュレ 育毛剤 男」なんていう検索フレーズでよく訪問されます。

 

 

男性でも「マイナチュレ」を使いたいということでしょうか。

 

 

今日はこれについて書いていこうかと思います。

 

 

私は、マイナチュレを男性が安易に使うのはあまりお勧めしません。

 

 

というのは、マイナチュレは女性をターゲットにして作られた育毛剤で、成分がかなりソフトだからです。

 

 

男性と女性では肌質の違いは明らかです。

 

 

男性と女性の肌質はかなり違います。

 

 

これは、ホルモンの関係です。

 

 

男性は相対的に男性ホルモンを女性の4倍持っています。

 

 

女性は女性ホルモンが男性より大分多いです。

 

 

これは当たり前のことですね。

 

 

性ホルモンが肌に与える影響ですが、

 

 

  • 男性ホルモンは、キメは粗めですが強くて角質層が厚めの肌となります。
  •  

  • 女性ホルモンは、キメが細かい、みずみずしい角質層の薄めの肌となります。

 

 

頭皮にも同じことが言えますね。

 

 

また、脂の分泌量は、男性のほうが多めです。

 

 

このことからいっても、男性と女性では、ざっくり見ても肌質の違いが鮮明ですから、ケアがある程度違ってくるのはわかるかと思います。

 

 

ですが、人には個人差があります。

 

 

肌質の弱い男性がいれば、男性のように皮脂に悩む女性の方もいます。

 

 

でも、男性が女性のような肌なのか?

 

 

というと、あくまで男性は男性なのです。

 

 

女性ほどの肌のきめ細やかさや、デリケートさはないのです。

 

 

同じように、女性はいくら皮脂が多くても、女性なので、男性のような肌質ではありません。

 

 

このような中で、男女兼用の育毛剤は販売されています。

 

 

男女兼用の育毛剤は少なくありません。

 

 

私のこのホーム―ページで紹介している「夢美髪(ゆめみはつ)」なんかも、完全に男女兼用ですね。

 

 

育毛剤は、ほとんどが「薬用育毛剤」です。

 

 

「薬用」とつくものは「医薬部外品」です。

 

 

医薬部外品の育毛剤はあくまでも「頭皮環境を整える」ということで、強い成分を入れられません。

 

 

ですから、男女で違う育毛剤も、せいぜい違うところは、配合している天然ハーブ成分くらいなものなのです。

 

 

ですから、本来、男性が女性用の育毛剤を使っても問題はありません。

 

 

けれども、私は、マイナチュレは男性が使うのはあまりお勧めしません。

 

 

なぜかというと、男性は女性より肌質が荒くて、皮脂が多いのはわかりきっていることですから、女性専用のマイナチュレでは、成分がしつこく感じると思うからです。

 

 

ですから私は、男性の場合は「薬用育毛剤」という狭い枠の中で作られた医薬部外品でも、少しでも、男性向けに作られた育毛剤を使ったほうが効果的だと考えます。

 

 

「マイナチュレ」よりは「チャップアップ」や「イクオス」

 

私は気付いていたのですが、「マイナチュレ」と、天真堂の育毛剤「チャップアップ」「ブブカ」「イクオス」とはほとんど成分が似通っています。

 

 

成分をご覧ください。

 

 

マイナチュレ
全成分:
グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL‐α‐トコフェロール、センブリ抽出液、精製水、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、フェノキシエタノール、クエン酸、クエン酸ナトリウム、ビワ葉エキス、海藻エキス(1)、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、セージエキス、トリメチルグリシン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ソルビット液、L-セリン、グリシン、L-グルタミン酸、L-アラニン、L-リジン液、L-アルギニン、L-スレオニン、L-プロリン、サクラ葉抽出液、ジオウエキス、エタノール、アロエエキス(2)、キューカンバーエキス(1)、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、タイムエキス(2)、ラベンダーエキス(1)、ノバラエキス、ニンジンエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

 

チャップアップ(イクオス、ブブカとも同じです)
全成分:
グリチルリチン酸ジカリウム、ジェフェンヒドラミンHCI、センブリエキス、ビワ葉エキス、海藻エキス‐1、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス‐1、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、松エキス、ローズマリーエキス、人参エキス、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、トレオニン、アルギニン、リジン液、L-グルタミン酸、サクラ葉抽出液、エタノール、D-パントテニルアルコール、フェノキシエタノール、POE硬化ヒマシ油、ラウリルジメチルアミンオキシド液、濃グリセリン、無水エタノール、BG、DL-PCA・Na液、トリメチルグリシン、ソルビトール液、精製水

 

 

ただし、マイナチュレのほうが、ハーブ成分が多めで、よりしっとり型に仕上げてあります。

 

 

似通っている育毛剤でなのですから、男性にはよりさっぱりしている「チャップアップ」「ブブカ」「イクオス」のほうが良いと思います。

 

 

「マイナチュレ」と「チャップアップ」「ブブカ」「イクオス」では、実は頭皮への影響に大差はありません。

 

 

大差はない中でも、使用感を中心に微妙に男女間の差を出していて、少しだけ違いはあります。

 

 

「チャップアップ」「ブブカ」「イクオス」は男性向けで、さっぱり感はあると言っても、刺激などは全くなく、頭皮が弱い男性でもつけるに全然耐え得るものです。

 

 

むしろ「マイナチュレ」のほうがしつこく感じると思います。

 

 

ですから、男性でまだ「チャップアップ」「ブブカ」「イクオス」どれも試してないのに、いきなり「マイナチュレ」にいくのはどうかなあと思います。

 

 

まずは「チャップアップ」「ブブカ」「イクオス」どれかを試しましょう。

 

 

これらをすることは、結果的には「マイナチュレ」をするのと大差はありませんから。

 

 

「イクオス」製品詳細

 

「ブブカ」製品詳細

 

「チャップアップ」製品詳細

■状態別おすすめ育毛剤ランキングページへは下のボタンをクリックしてください
↓↓頭皮が弱い・乾燥肌・敏感肌の方に適した育毛剤を掲載。
頭皮が弱い人ページへ

↓↓産後の抜け毛に悩む方に適した育毛剤を掲載。
産後抜け毛ページへ

↓↓脂症肌の方に適した育毛剤を掲載。
脂症肌ページへ

↓↓50代・60代以降の女性におススメの育毛剤を掲載。
50代60代ページへ

発毛力が強い!育毛化粧品を掲載。


ホルモンバランスが気になる女性の育毛サプリを掲載。


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

↓↓トップページにもどる

トップページへ